HOME > トップメッセージ

トップメッセージ

ご挨拶

 皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 今期は新たな経営計画「テレビ朝日360°2017−2020」の初年度にあたります。2020年東京オリンピック以降は少子高齢化が一層進み、消費者のメディア接触状況が激変して、既存のテレビ局にとっては不確実な時代となります。私共はそのような中でも勝ち残れる「新しい時代のテレビ局」に進化すべく、この4カ年計画を策定いたしました。時代の要請に応えたあらゆるジャンルの強力コンテンツを制作したうえで、それらを地上波、衛星波にとどまらず、インターネット、リアルエンターテインメントなど当社が有するあらゆるメディアに360°展開し、その総体でお客様の支持を勝ちとってまいります。

 平成29年度の上期は、本業の地上波の足場を固めるため、タイムテーブル改革を推進いたしました。シニア層の支持を獲得すべく平日12:30に帯ドラマ劇場を新設し、その第一弾として「やすらぎの郷」を放送いたしました。また、土日21:00に「サタデーステーション」「サンデーステーション」を新設し、月曜日から日曜日まで夜の落ち着いた時間にニュースをお届けできる体制を整えました。改革途上ではありますが、全日帯(6:00-24:00)とプライム帯(19:00-23:00)は2位をキープしており、ゴールデン帯(19:00-22:00)は民放キー局で2位争いを演じております。お客様の支持を得られる地上波タイムテーブルを創るため、今後も不断の努力を重ねてまいります。

 また、放送以外のメディアでも着実に歩を進めています。インターネットでは、株式会社サイバーエージェントと協業で始めたインターネットテレビ局「AbemaTV」が本開局から1年半でアプリダウンロード数が2,300万回を超え、若年層の間で支持を広げています。こうした動画配信事業の拡大により、この上期のインターネット事業は大幅な増収となりました。また、「テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭りSUMMER STATION」ではAR(拡張現実)・VR(仮想現実)など先端技術を駆使した魅力的なアトラクションを多数出展し、昨年を超える盛況となりました。結果としてイベント事業も大幅な増収を記録しました。

 「新しい時代のテレビ局」に進化すべく、今後も全社一丸となって経営計画「テレビ朝日360°」を着実に遂行してまいります。皆様におかれましては、変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年12月

代表取締役会長兼CEO早河 洋

PAGE TOP